忍者ブログ
テレビで放送された、タレントエピソード等をメモします。
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
2018/06/20 (Wed) 02:51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


その他の芸能情報お願いポチッと…よかったらポチッと…


2009/11/05 (Thu) 23:41

松島尚美(オセロの白い方)が「徹子の部屋」に出演した時の内容です。

   1. 結婚・夫
   2. 松島裁判、スティッチ

・現在、旦那とは東京都と大阪ではなれ離れ
 まもなく旦那も東京に拠点を移す。

・旦那はヒサタトシヒロ [MARSAS SOUND MACHINE(マーサス・サウンド・マシーン)ボーカル]

・結構式は明治神宮
 白無垢に憧れる

・結婚式の時は、嬉しくて少し笑ってしまった。

・結婚式では笑福亭鶴瓶が仲人。
 松島には父親が居ないので鶴瓶を父親のように感じていた。
 結構式では鶴瓶はとてもかっこよかったとか。

・今の旦那とは、結婚するきっかけがなく、「出来ちゃった婚でいいか」ぐらいの感覚でいたが、マネージャーの薦めできちんと結婚する事にした。

・昔、一度、つまらない意地の張り合いで分かれたが、意地の張り合いであった事を、お互いに理解しあい再び付き合い始めた事があった。
 
・結婚前、旦那の母親から言われるまで、旦那の苗字をヒサタではなくヒサダと勘違いしていた。
 旦那もその時までは気づかなかったと言う(←たぶん冗談で言ったと思う)

・料理は苦手。結婚前はまったく出来ない。
 袋ラーメンの調理はハイレベルだった。
 中学1年の時はガスコンロの火もつけるのが分からなかった。
 結婚してからは料理をしようと包丁を大量に購入(何故か良く分からない)。包丁のオーディションを行い、いらない包丁は知人に上げた。
 最近は本を見ながら作れるようになった。

・落とし蓋
 豚肉を煮込んでいた時、「落とし蓋」の意味が分からず、豚肉を鍋の中に落としていた。
 ハンバーグの空気を抜く為に投げつけるのと同じ意味と思い勘違いした。
 分かりにくいので、料理人はもっと分かりやすく書くべきだと!批判。

・黒柳徹子は黒豆を似る時、古釘を一緒に煮ると聞き、家の近所を磁石を持って探し回った事がある。


   1. 結婚・夫
   2. 松島裁判、スティッチ

拍手[0回]

PR

その他の芸能情報お願いポチッと…よかったらポチッと…


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



Copyright © テレビのメモ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]